ブログBLOG

【 web内覧会 】帰省してくる子供たちの為の部屋

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
倉谷建築三代目の嫁です。

 

今日は先日リフォームを終えたお施主様宅に伺わせていただいたので、ご紹介させていただきます。

 

 

お部屋に入ってまず目を引くのが、奥様お気に入りのこちらの可愛いクロス。

 

ここは元々お子様のお部屋だったそうですが、今はお子様たちも結婚して、
よそで住んでおられるようです。

そんなお子様たちが、ご家族を連れて帰省してきた時に寝泊りをするお部屋として、
今回新たにリフォームされました。

 

 

Before

After

元々は2つのお部屋でしたが、間の壁を取り払って、ひとつの大きなお部屋にしました。
床は紀州材の無垢の檜です。

 

 

お施主様のご希望で、赤ちゃんや小さいお子様も安心して遊べるように、畳スペースも設けてあります。

畳は野尻畳店さんのものです。

 

 

 

そして、お部屋の隅の元々押し入れがあった部分には、洗面所も完備。

 

Before

After

 

こちら、無垢のタモの木で作っております。

 

鏡の後ろには、背面収納もあります。

「やっぱり既製品より、本物の木で作ったものはいいねぇ。」と奥様にも喜んでいただきました。

 

 

 

お部屋の中央辺りには、可動棚を設置し、収納スペースも確保しています。

可動棚の左にチラッと写っているのは、元々あった2つめのお部屋へ入口の扉。

 

 

扉ははずさず、このように棚を設置することで、扉部分のリフォームのコストを省き、
収納スペースを設けました。

 

 

 

このお正月にもお子様たちが帰されるそうで、早速このお部屋の出番がやってきます。

皆様にこのお部屋でゆっくりとくつろいでいただけたら、私たちもとても嬉しく思います。

 

 

 

ちなみに、こちらのお宅は、二代目が建てさせていただいたおうちです。

 

私は初めて中に入らせていただいたので、奥様が応接室も見せて下さったのですが…

ビックリ!
ドラマのセットのような立派な応接室で驚きました。

 

 

またこの天井が素敵。

天井照明と間接照明が仕込まれたこの天井。
なんと、お施主様宅の家紋の縁をかたどったものだそうです。

 

 

そして、これまた本当にドラマで見る応接室みたいだったのが、このグランドピアノ。

本当にこんなお宅があるのね…!
と驚きの連続でした。

 

 

 

それにしても、二代目が建てたおうちを、今度は三代目も一緒にリフォームさせていただく。
とても有難く、嬉しいことです。

お施主様、この度は本当にありがとうございました。

 

 

そして、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事をシェアする