建築ブログBLOG

【 web内覧会 】家族葬ホール『沙羅双樹』

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
倉谷建築三代目の嫁です。

 

今日は先日の『沙羅双樹』の内覧会レポートをお届けしたいと思います。

 

まず、外観はこんな感じです。

これはプロが撮影して下さった写真。(やっぱりプロは違いますよね!一段と良く見えます。)

 

正面玄関は一番右手の扉になります。

そのすぐ隣になる扉は、仏壇等の仏具を取り扱う店舗の入口です。
実はこちらの扉は、その後さらにこうなりました。

なんだか思わず立ち寄ってみたくなる入口になりました。

 

 

そして、左手に見える看板の下に植えられているこちらの木。


このホールの名前となっている“沙羅双樹”の木だそうです。

 

 

 

それでは、いよいよ中をご案内します。

 

中に入ると、手前にエントランスホールがあり、その奥に祭壇があります。

こちらもプロのお写真です。

 

この両サイド、手前はカーテンで仕切ることができます。
なので、お通夜やお葬式の時には基本的にカーテンを閉めます。

 

 

この右手のカーテンを開けると…

リビングに繋がっています。

ちょっとしたキッチン付き。

 

 

その横には和室があります。

付き添いのご家族がくつろげる空間。

 

 

洗面所・トイレはもちろん、シャワールームも完備しております。

 

 

 

そして、先程の祭壇の写真に戻って、

この左手のカーテンを開けると…

 

食事室に繋がっています。

 

…って写真がなくて申し訳ありません!
写真を撮り忘れるという…なんたる失態(涙)

(株)アスカフューネラルサプライ様のホームページやパンフレットに詳しく掲載されているので、
ご参照ください。

 

 

 

写真だけではなかなかすべてをお伝えすることは難しいですが、少しでも雰囲気をお伝えできれば嬉しいです。

 

最近増えて来ているという家族葬。
二度とない故人との最後のお別れの時間。
その時間を家族でゆっくりと、大切に過ごすことができたら、本当に理想的だと思います。

最後のお別れの時間をこの『沙羅双樹』で過ごされる方々が、
その時間を心からゆっくりと大切に過ごしていただけますように。

 

 

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

この記事をシェアする

CATEGORY

ARCHIVE