建築ブログBLOG

【 web内覧会 】湯の峰温泉 「旅館あづまや」vol.2

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
倉谷建築三代目の嫁です。

 

今日は、前回の「旅館あづまや」さんのお話の続きです。

 

あづまやさんには、先日ご紹介した「まき」のお部屋以外にも、「大杉」「いちい」「けやき」
という特別室があります。

それぞれのお部屋には木の名前が付けられ、お部屋の柱にもその名の木を用いています。

 

 

こちらは「大杉」のお部屋。

こちらのお部屋は「まき」のお部屋と一続きにしても使えます。

 

 

あづまやさんのホームページによると、皇室の方がご利用になった際は、お食事部屋として使用されたそうです。

この「大杉」のお部屋は一部ですが、他の「けやき」と「いちい」のお部屋はすべて弊社でリフォームさせていただきました。

 

 

プロの方に綺麗に撮っていただいた写真はこれしかないそうなのですが…
あづまやさんのホームページに、他のお部屋のお写真が掲載されていますので、ぜひそちらをご覧下さい。
「旅館あづまや」さんのホームページ

 

 

前回も掲載しましたが、こちらの記事によると、

皇太子様がお泊りになられたのも、昭和55年に当時の美智子妃殿下がお泊りになり、気に入られたのを耳にしたからだそうです。
美智子様もお泊りになられたなんて、本当に“皇室御用達”ですよね。

 

あづまやさん、すごいです。
そして、やっぱり二代目もすごいです。(身内びいきがすごくて、すみません。笑)

 

さらに…

あづまやさんには、実は初代倉谷建築であるおじいちゃんが営繕として行っていたそうです。
初代から二代目へ、引き継がれていきました。

あづまやさんのこれほど名誉あるお仕事をさせていただけたのも、おじいちゃんが繋いでくれた出会いだったわけですね。

そう思うと、やっぱりおじいちゃんは偉大です。

 

 

 

旅館あづまやさん。私もいつか絶対泊まってみたい旅館です。
その時は、自分の目で見て感じたお宿の素晴らしさを、またぜひお伝えしたいと思います。

皆様も湯の峰温泉にお越しの際は、熊野地方へお越しの際は、ぜひ旅館あづまやさんで旅の疲れを癒してみませんか。

旅館あづまや
和歌山県田辺市本宮町湯の峰122
TEL. 0735-42-0012
ホームページはこちら→旅館あづまや

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアする

CATEGORY

ARCHIVE